間脳とは

何回かに分けて脳についての解剖生理学を投稿致します。

まず間脳についてです。

視床、視床下部、の事を間脳といいます。脳幹に含めるという分類もあります。
左右の間脳の間には第3脳室が存在し、視床は抹消からの知覚を大脳皮質の感覚野に送る時に通る中継核となっています。聴覚の中継核は内側膝状体、視覚の中継核は外側膝状体と呼ばれます。
視床下部には、体温調節中枢、摂食中枢、満腹中枢があります。
視床下部はホルモン分泌における階層的支配で最上位に位置します。視床下部と辺縁系は共に、恒常性の維持、本能行動、情動行動に作用します。視床下部には血液脳関門はかけており、神経細胞は直接毛細血管と接し、血液の状態を把握することができるようになっております。

次回は脳幹について記載致します。

なにがどうなってかの状況で脳の話になるかもしれません。
整体師としてざっくりな知識は入れておくようにしてみましょう。

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

脳幹とは

 

クラウド整体師養成スクールの内容はこちら クラウド整体師養成スクールへの無料体験 クラウド整体師養成スクールへのお問い合わせ
  1. 頭痛 整体 肩 首

    2021.04.19

    源式ネックヘッドケアの効果

  2. 2021.04.09

    整体スクールの肝は講師です。講師の話を聞いてください。

  3. 2021.04.08

    柔道整復師の今後の動向に対し整体師がやるべき事。

  4. 2021.04.08

    勉強したいと思ったら勉強している人の話を聞こう

  5. 2021.04.07

    姿勢カルテで施術の効果を可視化!自信を持って技術が学べる…

  1. 登録されている記事はございません。