間脳とは

何回かに分けて脳についての解剖生理学を投稿致します。

まず間脳についてです。

視床、視床下部、の事を間脳といいます。脳幹に含めるという分類もあります。
左右の間脳の間には第3脳室が存在し、視床は抹消からの知覚を大脳皮質の感覚野に送る時に通る中継核となっています。聴覚の中継核は内側膝状体、視覚の中継核は外側膝状体と呼ばれます。
視床下部には、体温調節中枢、摂食中枢、満腹中枢があります。
視床下部はホルモン分泌における階層的支配で最上位に位置します。視床下部と辺縁系は共に、恒常性の維持、本能行動、情動行動に作用します。視床下部には血液脳関門はかけており、神経細胞は直接毛細血管と接し、血液の状態を把握することができるようになっております。

次回は脳幹について記載致します。

なにがどうなってかの状況で脳の話になるかもしれません。
整体師としてざっくりな知識は入れておくようにしてみましょう。

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

脳幹とは

 

お知らせの関連記事

  1. 業務用空気清浄機を設置しました。

  2. 5月31日まで休校延長のお知らせ

  3. 24人のセラピストに指導してきました

    整体師は手技で血流を促す専門家です。

  4. クラウド整体師養成スクールは学校での出会いの道順3

    本日より通常開校致します!

  5. AI機能搭載!最新の姿勢診断システムの導入しました!

  6. クラウド整体師養成スクール アフタフォロー講座 東京

    7月20日骨盤矯正・坐骨神経痛講座 終了致しました!