中枢神経の反射について

中枢神経系の分類

脳:脳幹(中脳、橋、延髄) 間脳(視床、視床下部) 小脳 大脳

脊髄:頚髄、胸髄、腰髄、仙髄

反射とは意志とは無関係に起こる反応で以下の用な伝達が起こる

刺激→受容器→求心性神経→中枢→遠心性神経→効果器→反応

反射の特徴として、中枢神経内で一つのシナプスを介して求心性神経と遠心性神経がつながる反射を単シナプス反射といい、直列に2個以上のシナプス連絡を持つ反射を多シナプス反射という。ほとんどの反射は多シナプス反射である。

反射は整体においても関係する事なので、知識として取り入れる事をオススメ致します。

合わせて読みたい関連記事はこちらから!

脊髄神経について

お知らせの関連記事

  1. クラウド整体師養成スクールは学校での出会いの道順3

    本日より通常開校致します!

  2. 業務用空気清浄機を設置しました。

  3. 24人のセラピストに指導してきました

    整体師は手技で血流を促す専門家です。

  4. 5月31日まで休校延長のお知らせ

  5. AI機能搭載!最新の姿勢診断システムの導入しました!

  6. クラウド整体師養成スクール アフタフォロー講座 東京

    7月20日骨盤矯正・坐骨神経痛講座 終了致しました!